一橋浪人生の勉強法

受験生の受験生による受験生のためのブログ。一橋大学を目指す浪人生が、科学的に正しいとされる勉強法を実際に試し紹介していくブログです。

夜更かししたら集中力が10分も続かなくなった件について

2020/6/13浪人85日目 残り217日

 こんにちは。カイドウです。これまでに投稿した睡眠に関する記事を数えたら7記事もありました。こんなに投稿していたのかと自分でも驚いております。

 

 今日はそんな睡眠の大事さに改めて気付かされた話をしたいと思います

 

 

 先週の何曜日かは忘れたんですが、つい夜更かしをしてしまったことがあって次の日に後悔しつつも勉強を始めたんですね。

 いつもタイマーで20分単位で勉強しているんですが、勉強を始めてから3回目のターン目にいつの間にか自分が冷蔵庫の前にいることに気がつきました。

 自分はいつ部屋から出て冷蔵庫の前まで移動したのか…不思議でなりませんでしたがタイマーを見てみると残り時間が10分。たった10分集中することができませんでした。

 こんなことは浪人してからはほとんどなかったので、冷蔵庫へ瞬間移動したこの事件はかなり衝撃的でした。改めて夜更かしは1秒たりともしてはいけないなと心に刻んだ次第でございます。

 

 

 私たちは睡眠不足になると、日中にマイクロスリープと言われる1秒以下から10秒に満たないほどの眠りを何度も繰り返します。一見普通に起きているように見えても実は脳は眠っているのです。これは夜勤明けの医者を対象にした実験でわかっているものです。将来私の病気の手術をするお医者さんには是非とも良質な睡眠をとっていて欲しいものです。

 

 さらに睡眠不足が続くと睡眠負債という睡眠の借金が溜まっていきます。睡眠の借金は借りるのは簡単なのに返すのが途方もなく難しいのが特徴です。そして睡眠負債によって私たちのあらゆるパフォーマンスは低下します。この低下を私たちが気付くことはありません。

  一方で、男子バスケットボール選手10人に40日間毎日10時間寝てもらった実験があります。毎日ダッシュのタイムとフリースローの成功率を記録してもらったところ、2週間目からだんだんタイムもフリースローの成功率も上がってきて、選手自体がそのパフォーマンスの向上を実感するほどだったそうでっす。睡眠負債によるパフォーマンスの低下に私たちが気付くことはほとんどありませんが、睡眠負債を返上しているとパフォーマンスの向上に気付くことができるようです。パフォーマンスの向上に気付くほどパフォーマンスが落ちていたということなんですけどね…

 

 いやー本当に睡眠不足って怖いですね。知らず知らずのうちにパフォーマンスが落ちるのは怖すぎます。入試本番の試験中にマイクロスリープなんて笑ごとじゃあすみません。

 夜更かしを反省する記事でこんな長い記事をかけるなんて私は話を膨らます才能があるのかもしれません笑

 今日はここまでにしたいと思います。おやすみなさい笑

 

 

ではでは〜