一橋浪人生の勉強法

受験生の受験生による受験生のためのブログ。一橋大学を目指す浪人生が、科学的に正しいとされる勉強法を実際に試し紹介していくブログです。

実践ワーキングメモリーを鍛え方〜地頭で差をつける〜

2020/6/8浪人80日目 残り222日

 こんにちは。カイドウです。今日は私が実際に行っているワーキングメモリーの鍛え方を紹介したいと思います。

 

 

ワーキングメモリーとは?

 ワーキングメモリーとは、海馬と前頭葉に保管されている短期的に情報を記憶しておける脳の記憶容量を指します。

 

 ワーキングメモリーの容量が大きいと一度に考えられる容量も増えますのでその分有利になります。

 ワーキングメモリーは読解力や理解力、記憶力に説明能力にまで関わっているのでこれを鍛えることができるといわゆる地頭が良い状態になります。

 

 

実は簡単に鍛えられます

 ワーキングメモリーはそこまで特別なことをしなくても鍛えることができます。ただどの方法も効果が出るまで時間がかかるし、もし効果が出ても自分では気づきづらいものだと思います。

 なので、受験勉強において重要ではありますが進んで鍛えようとする人はなかなかいないと思われます。明確なフィードバックがないことをただひたすらに行うのはある種の苦痛を伴いますから。

 しかし、だからこそもし皆さんが夏前の今の段階でワーキングメモリーを鍛えておけば周りのライバル達よりも一歩リードできる要因を作ることができます。

 文字通り頭の出来が良くなるので、早くワーキングメモリーを鍛え始めるだけ周りとの差が伸びやすくなると考えていいでしょう。

 具体的に鍛え方を説明していきます。

 

運動

 皆さんが大好きな運動には実はワーキングメモリーを鍛える効果があります

 運動をすると私たちの脳の中でBDNF(脳由来神経栄養因子)と呼ばれるタンパク質が生成されます。BDNFは脳細胞の損傷を防ぐ働きのほかにニューロン(脳の神経細胞)の新生やニューロン同士のつながりの強化を促すことで学習や記憶の力を高めてくれます。

 そして運動によってBDNFが最も生成される脳の部位がなんと海馬なのです!

 

 つまり、ワーキングメモリーを保管している海馬が運動によって成長するのでワーキングメモリーは運動によって鍛えられるのです

 

 では、具体的にはどのような運動がいいのでしょうか。実は筋トレはワーキングメモリーを鍛えるのには向いていないことがわかっています。一方で有酸素運動にはBDNFを大いに増やす効果があるのでワーキングメモリーを増やしたいなら有酸素運動一択でしょう。

 ワーキングメモリーを鍛える運動の推奨ラインはとにかく心拍数を上げることです。とりあえずこれさえ覚えておけばどんな運動でも効果は現れるでしょう。もし最大限の効果をあげたいなら、インターバルトレーニングが適しています。

 しかし、ある実験では週に3回、40分早歩きをしただけで本来加齢とともに年に1%程度縮小するはずの海馬が2%成長したんだとか。

 どんな運動でもしないよりは断然する方が良いということですね。

 私も毎朝サイクリングを20〜30分程度しています。雨の日はさぼりがちなんですがそれはこれからの課題です。

 

 

楽器の練習

 楽器にワーキングメモリーを鍛える効果があるらしいんです。これは感覚的に理解できる気がします。昔からピアノを習うとは地頭が鍛えられるとか、英才教育に大体音楽が入っていたりと音楽と地頭はどこか一括りにされる節があるような気がしないでもない。

 音楽がワーキングメモリーに良い影響を与える理由は主に二つあるようです。

 一つ目が、楽器の演奏が脳に複数の刺激を与えるから。二つ目が、楽譜を読んでそれを音としてある程度の塊に括る作業が、脳が記憶を処理する際のチャンク化の練習になるから。

 

 チャンク化とは、自分なりに情報に意味の括りを与えてまとめること。

 英単語で類義語をまとめるのもチャンク化の一つです。ほかにも、世界史上の事件に自分なりに共通項を見出すのもチャンク化です。

 例えば、チャンク化で一番例に出されるのが電話番号の記憶です。無意味な数字の羅列を私たちは3字→4字→4字に区切ることで覚えやすくしています。

 世界史の例で言えば、市民革命という言葉でイギリス革命・アメリカ独立革命・フランス革命の三つを括って覚えるのがそうです。

 数学で言えば、二項定理という考え方で、字数を求める問題・(1+x)n乗を使って証明する問題・割り算の余りを求める問題を括るのがそうです。

 現代文だったら、具体抽象を一まとめに理解したり、偶然性を理解する際に確立や蓋然性、必然性に絡めて覚えたりすることがそれにあたります。

 

 ほかにも色々チャンクは作ることができますが、楽器の演奏がこのチャンク化を行っているからワーキングメモリーに良い影響を与えていると言われています。

 

 私もベースをたまに練習していて、とてつもなく下手なんですが(スラップを安定して弾けないというと分かる人には下手さが伝わると思います。もしくは指がテンポ190の八分音符だと一曲持たない、そしてピッキングができない)、楽器の練習は楽しいのでこれでワーキングメモリーまで鍛えられるならお得なものです。

 

 

まとめ

 以上でワーキングメモリーの鍛え方はおしまいです。その他のワーキングメモリーを鍛える方法を一つ過去の記事で扱っています。気になる方はぜひ読んでみてください。

浪人17日目〜現代文どうやったら伸びるのか問題〜 - 一橋浪人生の勉強法

 

参考図書

一流の頭脳

新品価格
¥1,426から
(2020/6/7 19:35時点)

 …こちらの本は運動のもたらす効果を10章に分けて優しく説明してくれているありがたい本でございます。ワーキングメモリーの説明はこちらの本を参考にさせていただきました。

 

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

新品価格
¥1,247から
(2020/6/7 19:36時点)

…受験生なら買ってもお釣りが出る本です。ワーキングメモリーの具体的な鍛え方とチャンク化の説明はこちらを参考にさせていただきました。

 

 

ではでは〜