一橋浪人生の勉強法

受験生の受験生による受験生のためのブログ。一橋大学を目指す浪人生が、科学的に正しいとされる勉強法を実際に試し紹介していくブログです。

誘惑バスターズ〜誘惑を蹴散らす〜

2020/6/1浪人73日目 残り229日

 

 こんにちは。カイドウです。今日も今日とて誘惑対策です。宅浪の1番の悩みは誘惑が多いことですから仕方がない。皆さんもお付き合いください。

 本日はプリコミットメントという方法を使って勉強中に襲いかかる誘惑を対策していきたいと思います。

 

 プリコミットメントとは、事前に自分が自制心が弱くなった時のために対策をすることです。

 以下で実際に対策をするのでそれを読んで皆さんも使い方を理解してください。

 

 

誘惑リストを作ろう

 まず、自分が勉強中に駆られる誘惑を上げていきます。私だったら

  • 勉強中にスマホが気になる
  • 朝起きた時にベッドでLINEを見てしまう
  • 疲れた時にベッドに寝転がってしまう、それでそのままダラダラ…
  • 勉強中に冷蔵庫が気になる

 

などが今パッと思いつく誘惑です。次の項でこれらの誘惑を事前に対策していきます。

 

 

 

さあ蹴散らすぞ

 

  • 勉強中にスマホが気になる

 これは皆さんも経験があると思います。スマホは誘惑の塊ですから皆さんも何かしら対策をしているかもしれません。簡単に思いつく対策としては

  1. スクリーンタイムで使用制限をかける
  2. 夜寝る時にスマホの電源を消して取りづらいところにしまっておく
  3. スマホを使って良い場所を限定する
  4. 使って良い時間を決める

 

ですね。

 スクリーンタイムの時間を制限するのは実は既に試したことがあって、普通に制限を解除して使ってしまったので却下です。

 私としてはリスニングの音源をスマホに入れていて、毎朝聴いているので電源を消したくはありません。その代わりリスニングをした後に電源を消すのはありですね。

 使う場所を限定するのもいいかもしれません。勉強している場所と同じ場所でスマホをいじると、脳はその場所を勉強する場所だとは覚えませんから。そしてスマホをいじるには自分が移動しなければならないという手間が誘惑を遠ざけてくれます

 使う時間を決めるのもいいかもしれません。使えないと思うよりも後で使う時間があるから誘惑を先延ばしできます。

 

ということで、

  1. リスニング終了後は直ちに電源を消す
  2. 勉強机でスマホをいじらない
  3. 自由にスマホを使える時間は4〜7時までの間とする

 

 この三つを実践してみようと思います。

 

 

 

  • 朝起きたらベッドでLINEを見てしまう

 これは、充電位置をベッドから遠ざければ対策としては十分です。朝起きたばっかりの寝ぼけた頭でスマホを触るから誘惑に負けるわけです。目がしっかり覚めるまでスマホに触れられないように充電位置を変えようと思います。

 

 

  • 疲れた時にベッドに寝転がってそのままダラダラしてしまう

 

 皆さんも覚えがあるかもしれませんね。ベッドに寝転がるのは簡単なのに起き上がるのはとても大変。いや〜不思議ですね。

 しかし、ベッドで寝る以外の行動をすると脳がベッドを寝る場所だと認識できなくなるので、健康的な睡眠にとっても悪い行動です。対策としては…

 

 ベッドに寝転がりたいと思ったら、その時はその場でスクワットを5回だけする。

 というのはどうでしょうか?流石に物理的にベッドをしまったりはできないので、それをしながらベッドに寝転がれない行動を代わりに行うルールを作ってみました。

 勉強の疲れって血流の問題だったりするのでスクワットで血の流れを促進させれば少しはマシになるかも?

  

もしくはベッドに隙間なく参考書を並べて物理的に寝転がることを防ぐという方法もあります。こっちの方が確実ですが手間がかかります。

 

 

まとめ

 以上で対策はおしまいなんですが、なんとなくプリコミットメントのやり方が理解できたでしょうか?

 説明がうまくないので具体例で示す形になりましたが、皆さんもぜひ使ってみてください。もちろん私は今日立てた対策を実際に使ってみようと思います。

 

 

ではでは〜