一橋浪人生の勉強法

受験生の受験生による受験生のためのブログ。一橋大学を目指す浪人生が、科学的に正しいとされる勉強法を実際に試し紹介していくブログです。

浪人38日目〜数学の学習効率を上げる3つの簡単な方法〜

 

 こんにちは。カイドウです。今日は、数学の学習効率を上げる小技を紹介します。3つだけなんで気軽に試してみてください。

 

今日の記事はこんな人にお勧めです

  • 類題が解けるようにならない人
  • 前に習った範囲を忘れてしまう人
  • 問題集の量が多くて終わりそうにない人

 


一つの解法を勉強しても類題が解けるようにならないなら→概念の書留


 数学の問題には核になる解法や概念が必ずありますそして私たちが類題を解けないときはその核にある概念に気づけていないからです。なので日頃から核となる概念を一題解く毎に書き留めていきましょう。

f:id:fujikaidou:20200427164923j:image

こんな感じです。

 

 

前に習った分野を忘れてしまうなら→次の日に答え合わせ


 次の日に答え合わせをする事で、脳はその問題に間隔を開けて二度触れることになります。結果記憶の定着につながりやすくなります。
 次の日にすることができない場合は、1問ずつ答え合わせをするのをやめるだけで少しは効果があるかもしれません。

 

 

 

問題数が多くて全部できないなら→口頭で解法を答える


 チャート式、フォーカスゴールドなどが数学の問題集では有名ですが、なんといっても問題数が多くてとても終わらない!
 そこで、すぐに見てわかる問題は紙に書かずに口頭で答えましょう。ここで注意して欲しいのが必ず頭の中で終わらせないでください。声に出すことでアウトプットをしましょう。声に出すことでメタ認知が働き、理屈が通っていないところや実は理解していなかったところがわかります。もし理解できていないようでしたらその問題はしっかり問題を解きましょう。

 

 


いかがだったでしょうか?簡単に使えると思うんで是非試してみてください