一橋浪人生の勉強法

受験生の受験生による受験生のためのブログ。一橋大学を目指す浪人生が、科学的に正しいとされる勉強法を実際に試し紹介していくブログです。

浪人29日目〜受験期の鬱、不安はこれが原因ではないのか?〜

 こんにちは。カイドウです。今日は浪人生なら共感してくれると思う内容です。それは、受験中のメンタルの乱れについてです。浪人している方は現役時代に一度は受験期のメンタルの乱れというものを経験していると思います。
 半分鬱になって何にも手がつかなくなったり、家族に当たる時期があったり、夏休みに強い孤独を感じたり…

 私の場合は、何もやる気が起きなくて、これからの人生生きていても結局死ぬじゃないかとか考えてました笑


 いろんな人がいると思いますが、今日はそんな鬱状態や不安がなぜ受験期に現れやすいのか、そしてそれをどうやって対策するのかを考えていきたいと思います。

 

f:id:fujikaidou:20200418153018j:image

(これでも頑張って書いた笑)

 

なぜ受験期にメンタルが乱れやすいのか

 まず、受験というプレッシャーが私たちを追い込んでいるのは確かですが、そのおかげで普段以上のパフォーマンスで勉強ができているのでこのストレスは一概に悪いとは言えません。しかし、ストレスが多いのも確かなので、普段以上に受験期は何かしらの不調が起こりやすいことが考えられます。

 そして、私が思うメンタルの乱れを促進させている原因が、食事の偏りです。

 塾通いなどで夕食はコンビニが多く、夏休みは昼も夜もコンビニや外食という人もいるのではないでしょうか?

 これは、由々しき事態です。私たちの免疫機能の7割は腸内細菌が担っています。そして加工食品(コンビニ弁当はもちろん、マックなど)の摂りすぎは腸内細菌の多様性を著しく減少させます。

 さらに腸内が乱れている人は、鬱になったり、不安を抱いたりしやすいそうです。これは、腸が迷走神経で脳と繋がっていることから理解していただけると思います。詳しい因果関係はまだわかっていないそうです。

 なのでコンビニ飯や外食が多い受験生は、腸内の免疫機能は下がり、鬱や不安になりやすいことが考えられます。

 しかも、不安が脳のどこを占有するか知っていますか?ワーキングメモリーという脳の短期記憶を司る場所です。試験で緊張した時に頭が真っ白になって何も考えられなくなるのはこのためです。

 皆さん、この話の流れからどんな対策をするのかはわかると思いますが、一応書いていきます笑

 

 

腸内改善じゃ!

 ということで、ここからは当たり前の事を書いていきたいと思います。

 

  • 野菜もっと食べようぜ!

食物繊維が腸内細菌の主な餌となります。なので食物繊維の多い野菜をたくさん取るように心掛けましょう。例えば、最近私はおやつにたまに野菜を食べるようにしています。親に切り方だけ教えてもらって塩振るだけですが。

 塾に通っている人であれば、コンビニで野菜を買う事を心がけたり、休日の自習であれば、家で適当に野菜を切ってパックに入れて、食卓塩を持っていけば小腹が空いた時に食べることができます。

 

 

  • 加工食品取り過ぎに注意。

 出来るだけ加工された食べ物を取らないように心がけましょう。これはダイエットにも効きます。

 

  • 発酵食品食べようぜ!

 みんな大好き発酵食品。私は特に小岩井ヨーグルトが好きですが、納豆、味噌、ザワークラウト、チーズその他もろもろ、少しでも生活に取り入れるように心がけましょう。

 

  • お金あるなら、もうプロバイオティクス買っちゃえ!

 プロバイオティクスとは、腸内細菌を摂取できるものの事(もしくは腸内細菌そのものの事)です。発酵食品もプロバイオティクスにあたります。さらに上級者だとサプリに手を出します。

私も買いたいんですが、お金がなくて…まあ買おうと思えば買えるんですが、そこまでするなら本買いたいなっていう理由ですね。もし自分が買ったら感想書きます。

ちなみに、腸内細菌の餌となる食物をプレバイオティクスと呼びます。

 

おすすめの本

こちらの本には、腸とメンタルのことというより、腸と現代病の関係が書かれています。巻末にレシピも紹介されていて面白いですよ。

 

 

 思いつく事は結構書いたと思うのですが、最後に1つ言いたいことがあります。

 本気で、調べたい!改善したい!って方は是非ともパレオな男というブログを見てみてください。私はあくまでもかじっているだけですが、こちらのブログの著者はガチの論文ベースで書いています。

 私ができるのはたかが浪人生がかじった知識を紹介することくらいですが、こちらのブログではちゃんとした人が書いています。

 

超おすすめ。以上〜