一橋浪人生の勉強法

受験生の受験生による受験生のためのブログ。一橋大学を目指す浪人生が、科学的に正しいとされる勉強法を実際に試し紹介していくブログです。

浪人15日目〜絶対に点数を伸ばしたいなら何すればいいの?って話〜

 こんにちは。カイドウです。今日は本当に久しぶりに外に出ました。塾で初受講です。チャリで往復1時間ほどなのでいい運動になりました。

 さて、今日はどんな教科でも点数を伸ばしたいなら必ずすべきことを話したいと思います。僕はこの事を本で読んだ時、ただただ、なんで今までやって来なかったんだ!と後悔しました。

 そしてこの方法は、初めて学ぶ分野の時、そして自分が苦手な分野の時は必ず行うべきだと思います。最高の参考図書↓

 

 

 それは、フィードバックです。なんだそんなことか、と思いますか?それとも、ん?どういうこと?ってなりましたか?私はフィードバックをなんだそんなことかと軽視していました。しかし、これを意識的にするかしないかで大きな差が生まれると思います。

 

  • フィードバックとは?

 フィードバックとは「心理学・教育学で、行動や反応をその結果を参考にして修正し、より適切なものにして行く仕組み」とスマホ付属機能の辞書に載っています。その他の分野では他の使われ方をしますが、ここで私が言いたいフィードバックはこの説明が一番近いです。

 

 では、このフィードバックをどのように使うのかを、

  • 他者からのフィードバック
  • 自分で行うフィードバック

の2つに分けて説明していきます。

 

 

  • 他者からのフィードバック

 他者からのフィードバックの一番わかりやすく、そして一番強力なものが一対一の授業です。勉強だったら個別指導、スポーツだったら専属コーチなど。個別指導の効果は覆せないほど証明されているみたいで、そこまでの効果がある理由が外部からのフィードバックなのだそう。

 自分で書いた文章を何度読んでも文法や漢字の間違いに気づくことができないように、私達は学習をしているときに必ず理解の空白を見落としてそのまま学習を続けてしまいます。なので、学習の初期段階では特に外部からのフィードバックが重要になります。私も数学が苦手なので今日から個別指導の塾に通っています。

名言…だと思うフレーズ

初心者はすべからく自分が伸ばすべき能力がわかると言うメタ認知力が欠けている。それが初心者たるゆえんだ by著者

 

 しかし、個別指導は非常に強力ですが、値段が高いです。私が通い始めた塾は2教科をそれぞれ週一で通うだけで某大手集団塾の全教科カリキュラムの値段と並びます。なので私は数学だけです。本当に親には感謝ですね。

 では、他者からのフィードバックは経済的にも負担がかかるので、自分でフィードバックを得るにはどうすれば良いのか、について次項で話します。

 

 

  • 自分で行うフィードバックとは?

 それはモニタリングです。TBSじゃありません。一昨日の綾野剛かっこよかったな。

 話を戻します。自分で行うフィードバックの形態がモニタリングです。つまりは記録しようぜってことです。勉強日誌とか付けていたり、スタディプラスで勉強を記録している人もいるのではないでしょうか?

 しかし、点数をさらに上げたいならそれをさらに推し進めましょう。

 今日1日のミスを記録するのはどうですか?

 各教科の学習を終わらす時に、幾らかの問いかけに答えてそれを記録するのはどうでしょうか?

  1. 自分は正しく理解できているだろうか
  2. 何か見落としている場所はないだろうか
  3. ミスをしなかったか?
  4. どうすればもっと上手くできるだろうか?

 

 こう言う感じで自分の学習の記録をつけていくと、たくさんの気づきがあるはずです。そして勉強中も意識が向くようになります。さらに記録が溜まればそこからパターンが見えてきます。それは自分が間違えやすい問題のパターンかもしれませんし、集中して学習すべき分野がわかるかもしれません。

 そうして見えてきたパターンをもとに対策立てることができます。何を変えるべきかが分かります

 例えば、僕が世界史の一問一答を勉強するとして、毎日、勉強をやめる時に、思い出せる限りの自分が間違えた分野、その答えを記録したとします。

 数日が経って間違えた問題を見返すと人名の間違いが多いことに気がつきます。

そうすると、私はその日からより人名に注意して世界史の勉強に取り組むことができます。

 他にも、数学の問題をランダムに解いていたとして、それらの問題にかかった時間、正答率を記録することで、私は自分の苦手な分野や、解けはするけれど理解が足りなくて時間がかかっている分野を特定することができます。

 次項で、私が体験したモニタリングのその他の利点を話します。

 

 

  • 一定時間ごとにモニタリングすると計画が崩れなくなる。

 はい。本当に崩れなくなりました。なんで一定時間ごとにモニタリングすると計画が崩れなくなるかと言うと、自分がこの時間でどのくらい勉強が進むのか計算できるようになるからですね。勉強の計画が崩れなくなるとモチベーションが極端に下がることも無くなるので、毎日変わらず一定の生産性を維持できます。

 そして、もう1つ期待しているのことがあります。記録を取っていくことで自分の成長を実感できるようにいずれなるのではないでしょうか?記録が溜まるのが楽しみです。

 

 

  • 最後に

 ここまで、フィードバックの話をしましたが、結局なんでフィードバックが大事かと言うと、普通にしていてはわからない気づきが得られるからでしたね。そしてフィードバックから得られた気づきは、私たちが次にすべきことの指標になります。

 もし、この記事を読んで学習のためのフィードバックやメタ認知に興味を示して頂けたなら、できればラーンベター(紹介した本)を読んでみてください。私の拙い文章ではしっかりと説明できていないと思います。この学習においてとても重要な事を自分の文字で、経験で堂々と責任をもって説明できるなら、私は浪人なんてしてません。是非ともちゃんとした本で学び方を学んでみてください。

 

 

 私も一年かけて、こういった事を実践していこうと思っています!